リバランスしました

お久しぶりです。
つわりも明けてやっと普通に日常生活が送れるようになりましたが、
今度は体重管理のための食事制限がなかなか厳しく、家事に追われております。

損益率がどれくらいになっているかの計算もしていないのですが、
少しばかりボーナスが出ましたので、先回に倣って毎月の積立額(5万円)×ボーナス月数を資金の目処に
リバランスしてみました。
市場が荒れているときは私生活が忙しくて気にできないくらいがちょうどいいかもしれませんね。
スポンサーサイト

インデックス投資を始めて5年が経ちました

 2011年4月にインデックス投資を初めて、この4月で丸5年が経過します。
淡々と天引きされて、たまにリバランスしていくだけのことで、それはこれからも変わりはありませんが、きりのよいところなので少しだけ自分の投資をふりかえっておきたいと思います。

【投資を始めたころのこと】
 手取り15万円の薄給新入社員だった私が、入社すぐ投資を始めることができたのは、大学在学中に派遣で働いていたこともあり、既に100万円ほど貯金があったことが大きいと思います。また、当時はまだ1人暮らしはしていなかったため、生活コストが低かったこともあります。
 同年代で同じような手取り金額でも、実家暮らしか否か、大学時代の貯金があるかほぼ無しか、入った会社でしばらく働いていけそうか、などぱっと見ただけではわからない背景があるものですね。今から投資を始める若手会社員の方がいらっしゃいましたら、ぜひそういったことも考えながら情報収集してみてください。

【5年間の投資により得られた経験とは】
 若いもんは貯金なんかせずに遊べ、自己投資せい、というのはいわれがちな言葉ですが、5年経った現時点で、投資をすること自体が自分にとって良い経験になっているなぁ、と感じるので、あぁこれはと思うことをつらつらと書いておきます。
 
・投資を始めたころは日経が8000円台だった
 リーマンショックのような大きな下げ相場はまだ経験したことがありませんが、ある程度相場の上げ下げがあるものだ、ということを肌で感じることができたことが一番の経験だと思います。○円まで下がったこともあるし、その後上がったんだからまだ行けるでしょー、という根拠のない自信は案外今の自分を支えてくれているような気がしています。

・自分にはタイミングは読めないということがわかった
 2013年に1人暮らしを始める際に投資信託の一部取り崩しを行いました。そのころはちょうど株価が上がり調子の頃で、必要な分よりもう少しだけ多めに崩して利益確定を…なんて邪心が芽生えたのですが、その後もあっさり上がり続けたので、私には「下がったら買い上がったら売る」なんてことは難しいということが身にしみました。

・口座を作る、積立を始めるということ自体が大きなハードル
 新聞記事やネットのニュースで、投資に関心を持ったとしても、そこから証券口座を作って自動引落しからの自動積立をセッティングするところまで持っていくまでの間には大きなハードルがあると思います。また、結婚の前後で一度積立休止した際にも再開には少し抵抗感がありましたので、気力のあるときに口座をつくり、状況にあわせて積立金額を上下させつつも、地道に続けることが大切なのではないかと思っています。

・より低コストに自分の欲望を満たせないか考えるようになった
 給与生活スタート時点から天引きを始めると、手持ちの少ない予算の中でやりくりせざるをえません。欲望自体を我慢する癖が付いてしまうと病む原因になりますが、例えば飲み会に誘われたらランチに変更するよう提案するとか、家飲みを企画するとか、自分のしたいことをできる範囲で叶えることができないか考えるような習慣が付いたら、それは手に入れた財産のひとつといって差し支えないですよね。苦しい節約ではなくて、どうやったら楽しいかを考えたい。

【次の5年間、投資とのつきあい方はどうするか】
 今まで「朝顔を育てて観察日記を書くような気持ち」と称しながら投資を続けてきたのですが、今となっては「朝顔」ほど手をかけてはいけないなぁ、という気持ちが強くなってきました。現在取り組んでいる不妊治療で良い結果が出れば、次の5年間は恐らく忙しすぎて投資のことは構っていられないでしょう。これからは、良い意味で距離を置いて「ベランダにサボテンを置いておくような気持ち」でつきあって行けたらなぁと思います。たまーに様子をみて、萎びていたら水をあげるくらい。あんまり朝顔みたいに毎日様子を見て水やったりして構うと根腐れを起こすので、カラカラになるまではほったらかしていきたいです。

2016年2月 積立投資運用報告

【先進国株式】50%
ニッセイ外国株式 -9% *
eMAXIS先進国株式 +48%

【国内株式】26%
ニッセイTOPIX -12% *
ニッセイ日経225 +43%

【新興国株式】13%
eMAXIS新興国株式 -3% *

【先進国債券】11%
eMAXIS先進国債券 +28%

合計 +20%

*印のファンドは積立中

今月は通院で多忙な上ほぼ年間の積立額に相当する医療費が吹っ飛んでいったので、相場なにそれ美味しいの?状態。自動積立じゃなかったら積立休止していたと思われるので、システム化の重要性が身にしみた月でした。
eMAXIS新興国株式がいい感じにプラマイゼロ近辺なので、既存の積立分も含めてたわら新興国株式への乗り換えを検討しています。買えるようになる頃にはまた状況が変わって見送らざるを得ないかもしれませんが、その時には新規積立分だけでも変更しようかなぁ。

2016年1月 積立投資運用報告

【先進国株式】49%
ニッセイ外国株式 -7% *
eMAXIS先進国株式 +54%

【国内株式】27%
ニッセイTOPIX -8% *
ニッセイ日経225 +57%

【新興国株式】13%
eMAXIS新興国株式 -2% *

【先進国債券】11%
eMAXIS先進国債券 +35%

合計 +27%

*印のファンドは積立中

まだまだ積立額も少なく、初期の積立分の含み益がちょっと飛んだなーくらいで済んでいるのですが、資産が積みあがってきて毎月の積立で減少分をカバーしづらくなってくると、また違う世界が見えてくるんでしょうね。
10年20年と積立した後の株価下落にうろたえないように、こういった場面から徐々に経験を得ていけたらよいのかなと思っています。

ライフプラン表を作ってみました

 現在分譲賃貸の3LDKマンションに住んでいるのですが、来年度途中から夫が海外赴任することになりそうなので、今後の住居をどうしたらよいか悩んでいます。
 今の部屋が家賃・駅からの近さ等かなり条件がよいので、赴任中も家賃を払って押さえておければと最初は思っていたのですが、長期間の不在となると、設備が痛むおそれがあるため、大家さんが嫌がって契約の更新をしてもらえないのではないか?という危惧をしています。契約書を見ると貸主側の正当な理由がない限り更新できるような趣旨のことが書いてありますが、こういう場合はその「正当な理由」にあたるのでしょうか?借地借家法に疎いので事例を調べてみたいと思っています……。

 職場の立地の関係で郊外住まい中なので、なかなかファミリー向けの気の効いた賃貸で、車1台でも生活できそうな物件(保育園・駅が近い物件)が出ないのが悩みどころです。いっそ駅近のマンションでも買ってしまおうか、とも考えたのですが、赴任から戻ってからもしばらくは賃貸家賃補助が出ることを踏まえると、子供2人に個室が必要になってから買っても十分、それまでは多少設備が貧弱でも賃貸でいくというのが妥当なような気がしています。下の表はとりあえず参考に作ってみたライフプラン表です。

lifeplan

・1人目は今年中に、2人目は帰国してからできると仮定。3歳差。
・あと8年家賃補助が使えるので、使い切ったころに4LDK購入。マンションか戸建かは未定。
 (立地のよい賃貸物件があれば転居して賃貸継続)
・今乗っているコンパクトカーは出国時に売却、帰国したらミニバン購入。
・2台乗り継ぎ、2人目高校入学後コンパクトカーに買い替え。
・2人目が就職したら4LDK売却?
 (購入から18年後?売れない場合も想定しておきたい)
・売却後は海外生活するなり都会寄りの住居に引っ越すなり実家を引き継ぐなり。
 そのころには親の介護問題もあるかも。
・共働きを続けて、55歳でリタイヤできたらいいな。

 本当はこの表に収入見込額・学費の金額など入れて計算するのでしょうが、子供の人数も産んでから復帰できるかどうかも含めて今の段階では皮算用が過ぎるのでとりあえず省いています。今後の環境・心境の変化に合わせて徐々に表を埋めていければと思っています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。