2016年1月 積立投資運用報告

【先進国株式】49%
ニッセイ外国株式 -7% *
eMAXIS先進国株式 +54%

【国内株式】27%
ニッセイTOPIX -8% *
ニッセイ日経225 +57%

【新興国株式】13%
eMAXIS新興国株式 -2% *

【先進国債券】11%
eMAXIS先進国債券 +35%

合計 +27%

*印のファンドは積立中

まだまだ積立額も少なく、初期の積立分の含み益がちょっと飛んだなーくらいで済んでいるのですが、資産が積みあがってきて毎月の積立で減少分をカバーしづらくなってくると、また違う世界が見えてくるんでしょうね。
10年20年と積立した後の株価下落にうろたえないように、こういった場面から徐々に経験を得ていけたらよいのかなと思っています。
スポンサーサイト

ライフプラン表を作ってみました

 現在分譲賃貸の3LDKマンションに住んでいるのですが、来年度途中から夫が海外赴任することになりそうなので、今後の住居をどうしたらよいか悩んでいます。
 今の部屋が家賃・駅からの近さ等かなり条件がよいので、赴任中も家賃を払って押さえておければと最初は思っていたのですが、長期間の不在となると、設備が痛むおそれがあるため、大家さんが嫌がって契約の更新をしてもらえないのではないか?という危惧をしています。契約書を見ると貸主側の正当な理由がない限り更新できるような趣旨のことが書いてありますが、こういう場合はその「正当な理由」にあたるのでしょうか?借地借家法に疎いので事例を調べてみたいと思っています……。

 職場の立地の関係で郊外住まい中なので、なかなかファミリー向けの気の効いた賃貸で、車1台でも生活できそうな物件(保育園・駅が近い物件)が出ないのが悩みどころです。いっそ駅近のマンションでも買ってしまおうか、とも考えたのですが、赴任から戻ってからもしばらくは賃貸家賃補助が出ることを踏まえると、子供2人に個室が必要になってから買っても十分、それまでは多少設備が貧弱でも賃貸でいくというのが妥当なような気がしています。下の表はとりあえず参考に作ってみたライフプラン表です。

lifeplan

・1人目は今年中に、2人目は帰国してからできると仮定。3歳差。
・あと8年家賃補助が使えるので、使い切ったころに4LDK購入。マンションか戸建かは未定。
 (立地のよい賃貸物件があれば転居して賃貸継続)
・今乗っているコンパクトカーは出国時に売却、帰国したらミニバン購入。
・2台乗り継ぎ、2人目高校入学後コンパクトカーに買い替え。
・2人目が就職したら4LDK売却?
 (購入から18年後?売れない場合も想定しておきたい)
・売却後は海外生活するなり都会寄りの住居に引っ越すなり実家を引き継ぐなり。
 そのころには親の介護問題もあるかも。
・共働きを続けて、55歳でリタイヤできたらいいな。

 本当はこの表に収入見込額・学費の金額など入れて計算するのでしょうが、子供の人数も産んでから復帰できるかどうかも含めて今の段階では皮算用が過ぎるのでとりあえず省いています。今後の環境・心境の変化に合わせて徐々に表を埋めていければと思っています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。